明治の貨幣 明治の銀貨

明治3年旧1円銀貨丸銀打の買取価格・査定相場

https://kosen-navi.info

「銀と打たれた明治3年の1円硬貨があるんだけど価値はどれくらいかなぁ?」と言った疑問にお答えするため今回は明治3年旧1円銀貨丸銀打(旭日竜一圓硬貨丸銀打)の買取価格や査定相場について記載して行きたいと思います。

明治3年旧1円銀貨丸銀打の詳細

画像は明治3年(1870年)銘の旧1円銀貨丸銀打(旭日竜一圓硬貨丸銀打)です。表面には「龍(竜)」裏面には「旭日」が描かれている点は旧1円銀貨と同様ですが、丸銀のカウンターマーク(COUNTERMARK)が打刻されています。

詳細は下記のようになっており、右打の方が若干現存数が少ないため、価値が高くなっております。

旧1円銀貨丸銀打の詳細

項目 詳細
直径 38.58mm
品位 銀900/銅100
量目(重さ) 26.96g
発行枚数(旧1円銀貨) 3,685,049枚

日本のカタログ価格

詳細 未使用
丸銀左打(明治3年) 170,000円
丸銀右打(明治3年) 180,000円
詳細 極美品
丸銀左打(明治3年) 120,000円
丸銀右打(明治3年) 130,000円
詳細 美品
丸銀左打(明治3年) 100,000円
丸銀右打(明治3年) 110,000円
詳細 並品
丸銀左打(明治3年) 50,000円
丸銀右打(明治3年) 60,000円

丸銀打ちとは

丸銀打ち

丸銀とは画像のような旧1円銀貨の左側または右側の刻印(極印)のことです。

明治30年(1897年)の貨幣法施行による金兌換再開に伴い打刻されたものですが、丸銀の極印の有無で通用する・しないといった市場の混乱が発生したため、1897年に発効した丸銀極印打ちは、翌1898年には取り止めとなりました。

旧1円銀貨丸銀打の買取価格・査定相場

下記は私が調べた旧1円銀貨丸銀打(旭日竜1円銀貨丸銀打)の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場です。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
右打 未使用 133,000円 〜113,000円
右打 準未使用 77,000円 〜62,000円
右打 極美品 35,000円 〜27,000円
左打 未使用 106,000円 〜86,000円
左打 極美品 28,000円 〜19,000円

買取相場の根拠

実勢価格(業者が販売し実際に取引された値段)や買取価格は「国内オークション」「海外オークション」「オークファン」「知人の実店舗業者」「知人のネット販売業者」などの売買データを採用しております。

未使用など、状態の良い古銭の価値は高くなっており、5万円を超える買取は十分期待できます。

また、極美品程度の状態だとしても売却時期が良ければ2万円前後での査定となることもあります。

旧1円銀貨丸銀打(旭日竜一圓硬貨丸銀打)まとめ

いかがだったでしょうか?旧1円銀貨丸銀打(旭日竜一圓硬貨丸銀打)の詳細は上記のようになっております。保管状態の良いものを中心に価値が高くなっておりますので売却や換金を検討中でしたら下記のような専門業者に査定してもらうと良いでしょう。

古銭・旧札の無料査定

家に眠っている価値のわからない古銭や旧札、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭買取の福ちゃんがおすすめです。古銭や古紙幣を専門とする鑑定スタッフが多く在籍し、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、幅広い買取査定方法に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」などは全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!

-明治の貨幣, 明治の銀貨

Copyright© 古銭の指針 , 2020 All Rights Reserved.