明治の貨幣 明治の硬貨(その他素材)

竜1銭銅貨の査定相場・買取価格(明治6年〜明治21年)

竜1銭銅貨

https://kosen-navi.info

「龍(竜)の描かれた一銭硬貨があるんだけど価値はどれくらいかなぁ?」と言った疑問にお答えする為、今回は竜1銭銅貨の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

この古銭では通常銭以外にエラーコインや試鋳貨(見本貨幣)が存在し、中には100万円前後の高額査定が期待できる物もあります。

竜1銭銅貨の詳細

竜1銭銅貨

画像は明治6年から明治21年(1873年〜1888年)にかけて発行された竜1銭銅貨です。新貨条例施行に伴い発行された最初の1銭硬貨で「以百枚換一圓」と刻印されている通り、この1銭銅貨100枚で1円金貨と交換可能でした。

明治6年〜明治10年銘までは角ウロコの竜、明治15年以降は波ウロコの竜がデザインされており詳細は下記のようになっております。

竜1銭銅貨の詳細

項目 詳細
直径 27.87mm
品位 銅980/錫10/亜鉛10
量目(重量) 7.13g
製造期間 明治6年〜21年5月
供試貨幣 350枚
製造枚数 488,174,499枚

年号別の発行枚数

年号銘 発行枚数
明治6年 1,301,486枚
明治7年 25,564,953枚
明治8年 32,832,038枚
明治9年 38,048,906枚
明治10年 98,041,824枚
明治13年 33,947,810枚
明治14年 16,123,612枚
明治15年 19,150,666枚
明治16年 47,613,017枚
明治17年 53,702,768枚
明治18年 46,846,352枚
明治19年 26,886,198枚
明治20年 22,249,580枚
明治21年 25,864,939枚

日本のカタログ価格

年号銘 完全未使用
明治6年 80,000円
明治7年 45,000円
明治8年 40,000円
明治9年 40,000円
明治10年 40,000円
明治13年 25,000円
明治14年 30,000円
明治14年(大四) 80,000円
明治15年 25,000円
明治16年 25,000円
明治17年 25,000円
明治18年 25,000円
明治19年 25,000円
明治20年 25,000円
明治21年 20,000円
年号銘 未使用
明治6年 50,000円
明治7年 25,000円
明治8年 25,000円
明治9年 25,000円
明治10年 25,000円
明治13年 15,000円
明治14年 20,000円
明治14年(大四) 40,000円
明治15年 15,000円
明治16年 15,000円
明治17年 15,000円
明治18年 15,000円
明治19年 15,000円
明治20年 15,000円
明治21年 12,000円
年号銘 極美品
明治6年 12,000円
明治7年 2,500円
明治8年 2,000円
明治9年 2,000円
明治10年 2,000円
明治13年 1,200円
明治14年 1,500円
明治14年(大四) 20,000円
明治15年 1,200円
明治16年 1,200円
明治17年 1,200円
明治18年 1,200円
明治19年 1,200円
明治20年 1,200円
明治21年 2,000円
年号銘 美品
明治6年 4,000円
明治7年 600円
明治8年 300円
明治9年 300円
明治10年 250円
明治13年 250円
明治14年 800円
明治14年(大四) 15,000円
明治15年 300円
明治16年 250円
明治17年 250円
明治18年 250円
明治19年 250円
明治20年 250円
明治21年 600円

「大四」と「普通の四」の見分け方


(画像引用元:http://dou-ka.com/)

明治14年銘の「大四」と「通常銭(正四)」の違いは上記のようになっております(上画像は正四、下画像が大四)。

通常銭(正四)の四は中が「ルの字」型になっているのに対し、大四では中が「八の字」になっているので慣れてくれば見分けるのは難しくありません。

状態の良いものを中心に価値が大きく異なりますので、売却を検討中でしたらよく確認した後に、査定をしてもらった方がいいでしょう。

竜1銭銅貨の査定相場・買取価格

下記は私が調べた竜(龍)1銭銅貨の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場です。買取価格のおおよその目安としては日本のカタログ価格の1/2〜1/3程度となっています。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
明治6年 PCGS MS64 50,000円 〜40,000円
明治16年 完全未使用+ 44,000円 〜34,000円
明治14年大四 美品 10,000円 〜6,000円
明治15年 極美品 800円 〜100円

買取相場の根拠

実勢価格(業者が販売し実際に取引された値段)や買取価格は「国内オークション」「海外オークション」「オークファン」「知人の実店舗業者」「知人のネット販売業者」などの売買データを採用しております。

PCGSやNGCによる鑑定済みコインについては鑑定費用の分だけ査定価格が上乗せされる傾向があります。また、完全未使用など、状態の良い古銭については高値での買取が期待できます。

一方、美品・極美品などの状態の古銭については「特年(明治6年銘)」や「明治14年の大四」を除くと価値が高くなく、業者による買取価格は高くても数百円程度となっています。

なお、冒頭でも書きましたが竜(龍)1銭銅貨ではエラーコインや試鋳貨(見本貨幣)が発見されており、試鋳貨(見本貨幣)では驚くような高額査定が期待できることで知られています。

高額買取が期待できる1銭エラーコイン

影打エラー銭

画像は影打エラー(陰打エラー)の竜1銭銅貨幣です。表面(竜面)の影打ちと裏面の影打ちがあり、どちらかと言うと表面影打ちの方が高値で取引される傾向があります。

人気の高いエラーですが、明治期の古銭(特に銅貨)では比較的よく見られるエラーのため、実勢価格は5〜9万円程度、業者による買取価格は3〜7万円程度が相場となっております。

ヘゲエラー銭

ヘゲエラー

画像はヘゲエラーの竜1銭銅貨幣です(明治十四の「治十」の部分の金属が剥がれています)。

製造品質が悪いことに起因するエラーとなっており、好んでコレクションするコレクターも少ないことから通常はエラーとしての価値はほとんど加味されず市場では取引されています(ヘゲエラーは様々な種類があるので実物を専門家に査定してもらうことをお勧めします)。

傾打エラー銭

傾打エラー銭

画像は表面と裏面の角度ずれがある竜1銭銅貨幣です(画像は45度の傾打があるタイプです)。

角度ずれエラーは45度・100度・180度など様々なタイプがよく発見されますが、古い古銭ということもあり角度ずれエラーの頻度が高く、価値はほとんど加味されず市場では取引されています。

高額買取が期待できる1銭試鋳貨

明治2年銘の見本貨幣明治3年銘の見本貨幣

画像は明治2年銘と明治3年銘の1銭試鋳貨(見本貨幣)です。新貨条例により試鋳(しちゅう)された硬貨で詳細は下記のようになっております。

日本のカタログ価格

項目 詳細
直径 27.8mm
量目 7.13g
極美品(カタログ価格) 400,000円
美品(カタログ価格) 250,000円

画像の古銭(1銭試鋳貨)はどちらも米国にて2011年に下記のような価格で取引されておりますので同様の保管状態ならば100万円前後での買取も期待できます。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
明治3年銘 NGC MS65 11,500USD(約125万円) 〜112万円
明治2年銘 NGC MS62 10,350USD(約115万円) 〜103万円

竜1銭銅貨幣まとめ

いかがだったでしょうか?竜1銭銅貨は日本で初めて発行された1銭硬貨となっており、初期の角ウロコ(明治6年〜明治10年)や明治14年の大四を中心に骨董(アンティークコイン)としての価値が高くなっています。

また、価値が非常に高い試鋳貨も存在し、もし本物ならば驚くような高値での査定も期待できます。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。

古銭・旧札の無料査定

家に眠っている価値のわからない古銭や旧札、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭買取の福ちゃんがおすすめです。古銭や古紙幣を専門とする鑑定スタッフが多く在籍し、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、幅広い買取査定方法に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」などは全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!

-明治の貨幣, 明治の硬貨(その他素材)

Copyright© 古銭の指針 , 2020 All Rights Reserved.