明治の貨幣 明治の銀貨

竜20銭銀貨(龍二十銭硬貨)の買取相場・査定価格

明治九年竜20銭銀貨

https://kosen-navi.info

「竜が描かれた明治七年の古銭があるんだけど価値はどれくらいかなぁ?」と言った疑問にお答えするため、今回は明治6年から明治38年にかけて発行された竜20銭銀貨(龍二十銭硬貨)の買取相場や査定価格について記載していきたいと思います。

この古銭では明治13年銘や明治21年、明治34年銘などの特年が存在し価値が非常に高くなっております。

竜20銭銀貨(龍二十銭硬貨)の詳細

竜20銭銀貨

画像は明治6年から明治38年(1873年〜1905年)にかけて発行された竜20銭銀貨(龍二十銭硬貨)です。表面には「竜(龍)」裏面には「額面(二十銭)」が描かれており、詳細は下記のようになっております。

竜20銭銀貨の詳細

項目 詳細
直径 23.5mm
品位 銀800/銅200
量目(重量) 5.39g

年号別の発行枚数

年号銘 発行枚数
明治6年 6,214,284枚
明治7年 3,024,242枚
明治8年 612,736枚
明治9年 9,200,892枚
明治10年 5,199,731枚
明治13年 96枚
明治18年 4,205,723枚
明治20年 4,794,755枚
明治21年 703,920枚
明治24年 2,500,000枚
明治25年 3,054,693枚
明治26年 3,445,307枚
明治27年 4,500,000枚
明治28年 7,000,000枚
明治29年 2,599,340枚
明治30年 7,516,448枚
明治31年 17,984,212枚
明治32年 15,000,000枚
明治33年 800,000枚
明治34年 500,000枚
明治37年 5,250,000枚
明治38年 8,444,930枚

日本のカタログ価格

年号銘 完全未使用
明治6年 30,000円
明治6年(欠日) 200,000円
明治7年 60,000円
明治8年(前期 長リボン) 400,000円
明治8年(後期 短リボン) 150,000円
明治9年(前期 ハネ明) 80,000円
明治9年(後期 トメ明) 27,000円
明治10年 120,000円
明治13年 不明
明治18年 25,000円
明治20年 25,000円
明治21年 370,000円
明治24年 45,000円
明治25年 40,000円
明治26年 40,000円
明治27年 80,000円
明治28年 30,000円
明治29年 40,000円
明治30年 24,000円
明治31年 20,000円
明治32年 20,000円
明治33年 170,000円
明治34年 450,000円
明治37年 24,000円
明治38年 20,000円
年号銘 未使用
明治6年 15,000円
明治6年(欠日) 150,000円
明治7年 38,000円
明治8年(前期 長リボン) 200,000円
明治8年(後期 短リボン) 100,000円
明治9年(前期 ハネ明) 50,000円
明治9年(後期 トメ明) 15,000円
明治10年 70,000円
明治13年 5,000,000円
明治18年 10,000円
明治20年 10,000円
明治21年 200,000円
明治24年 20,000円
明治25年 17,000円
明治26年 16,000円
明治27年 30,000円
明治28年 10,000円
明治29年 17,000円
明治30年 10,000円
明治31年 8,000円
明治32年 8,000円
明治33年 8,0000円
明治34年 300,000円
明治37年 10,000円
明治38年 8,000円
年号銘 極美品
明治6年 5,500円
明治6年(欠日) 80,000円
明治7年 15,000円
明治8年(前期 長リボン) 80,000円
明治8年(後期 短リボン) 50,000円
明治9年(前期 ハネ明) 17,000円
明治9年(後期 トメ明) 6,000円
明治10年 20,000円
明治13年 3,500,000円
明治18年 3,500円
明治20年 3,500円
明治21年 65,000円
明治24年 6,000円
明治25年 4,500円
明治26年 4,500円
明治27年 4,000円
明治28年 3,000円
明治29年 5,500円
明治30年 3,000円
明治31年 2,800円
明治32年 2,800円
明治33年 30,000円
明治34年 80,000円
明治37年 3,000円
明治38年 2,500円
年号銘 美品
明治6年 3,000円
明治6年(欠日) 50,000円
明治7年 10,000円
明治8年(前期 長リボン) 50,000円
明治8年(後期 短リボン) 35,000円
明治9年(前期 ハネ明) 10,000円
明治9年(後期 トメ明) 3,000円
明治10年 13,000円
明治13年 2,500,000円
明治18年 2,000円
明治20年 2,000円
明治21年 35,000円
明治24年 4,000円
明治25年 3,000円
明治26年 3,000円
明治27年 2,000円
明治28年 1,800円
明治29年 3,000円
明治30年 2,000円
明治31年 2,000円
明治32年 2,000円
明治33年 20,000円
明治34年 50,000円
明治37年 2,000円
明治38年 1,800円

米国のカタログ価格

米国のカタログ価格については下記のようになっております。日本のカタログ価格と比べると若干価値が低く掲載されていますが、米国のカタログ価格の方が実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引される価格)と近いように感じます。

また、明治13年銘の特年については日本のカタログ価格と同様に高額(未使用=30,000USD)な価格が付けられています。

米国のカタログ価格

竜20銭硬貨の欠日・ハネ明・トメ明・長リボン・短リボンの画像

欠日

欠日

ハネ明(跳明)

ハネ明(跳明)

トメ明

トメ明(止明)

長リボン

長リボン

短リボン

短リボン

明治6年や明治8年、9年の手変わり(欠日・ハネ明・トメ明・長リボン・短リボン)の画像は上記のようになっています。

明治6年銘では大日本の「日」の上部が欠損している欠日と通常の「日」が存在し、欠日の方が価値が高いです。

明治8年銘は前期(長リボン)と後期(短リボン)に分けられ、前期は明治6年・7年と同型(長リボン)のもの、後期(短リボン)は明治9年前期と同型になります。

明治9年銘では前期のハネ明(跳明)と後期のトメ明(止明)が存在し、前期(ハネ明)の方が価値が高いです。

明治8年銘は全般的に発行枚数が少なく、前期の長リボンは特年(明治13年・明治34年)と同様に高額査定・高額買取が期待できます。

竜20銭銀貨の買取相場・査定価格

下記は私が調べた竜20銭銀貨(龍二十銭硬貨)の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場です。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
明治13年 NGC PF63 76,375USD(約840万円) 〜770万円
明治9年(トメ明) NGC PF64 8625USD(約95万円) 〜85万円
明治8年(短リボン) PCGS MS66 92,000円 〜78,000円
明治27年 未使用+ 24,100円 〜16,500円
明治32年 完全未使用 11,100円 〜7,500円

明治13年銘と明治9年銘では以前、米国にてプルーフコイン(PF)が市場に登場し、明治13年銘では800万円を超える価格で取引が行われました。

古い貨幣ということもあり、状態の良いもの(完全未使用や未使用など)は価値が高いですが、通常銭(エラーやプルーフ、試鋳貨以外)の実勢価格は日本のカタログ価格よりも低くなっており、業者による買取価格(査定価格)は日本のカタログ価格の1/3〜1/2程度が相場となっております。

竜20銭銀貨(龍二十銭硬貨)まとめ

いかがだったでしょうか?明治に発行された竜20銭銀貨(龍二十銭硬貨)の詳細は上記のようになっております。

特年や状態の良いものを中心に価値が高くなっておりますので売却や換金を検討中でしたら下記のような専門業者に査定してもらうと良いでしょう。

古銭・旧札の無料査定

家に眠っている価値のわからない古銭や旧札、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭買取の福ちゃんがおすすめです。古銭や古紙幣を専門とする鑑定スタッフが多く在籍し、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、幅広い買取査定方法に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」などは全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!

-明治の貨幣, 明治の銀貨

Copyright© 古銭の指針 , 2020 All Rights Reserved.