昭和の硬貨(その他素材)

日本万国博覧会(EXPO'70)記念100円白銅貨の買取価格

日本万国博覧会記念100円白銅貨

https://kosen-navi.info

「家に大阪万博(EXPO'70)を記念して発行された100円硬貨が沢山あるんだけど価値はどれくらいかなぁ?」と言った疑問にお答えするため、今回は昭和45年に発行された日本万国博覧会(EXPO'70)記念100円白銅貨の価値と買取価格について記載して行きたいと思います。

この記念硬貨では海外向けに販売された青色のケースに入った記念貨貨幣セットの価値が高く、業者による査定価格も高くなっております。

日本万国博覧会(EXPO'70)記念100円白銅貨の詳細

日本万国博覧会記念100円白銅貨

画像は昭和45年(1970年)3月10日に発行された日本万国博覧会(EXPO'70)記念100円白銅貨です。表面は葛飾北斎の富嶽三十六景の一つ「赤富士」裏面には地球を背景に博覧会のシンボルマークがデザインされています。

EXPO'70記念100円硬貨の詳細

項目 詳細
発行日 昭和45年(1970年)3月10日
追加発行日 昭和45年(1970年)7月9日
直径 28mm
品位 銅750/ニッケル250
量目(重さ) 9g
発行枚数 40,000,000枚
販売数(記念貨貨幣セット) 7,000点
販売数(ミントセット) 26,000点
完全未使用(カタログ価格) 600円
未使用(カタログ価格) 400円

海外向けの記念貨貨幣セットとミントセット

記念貨貨幣セット

記念貨貨幣セット

画像は海外向けに7,000点限定で販売された記念貨貨幣セット(MINT BUREAU JAPAN)です。

硬貨(コイン)自体は国内向けに販売されたものと同様ですが、現存数が少ないためプレミアムの価値があります(硬貨のみなど青色のケースが付属していない場合、プレミアムの価値は付きません)。

ミントセット

昭和45年のミントセット

画像は大蔵省造幣局の昭和45年ミントセット(MINT SET)で当時2米ドル(2USD)で販売されました。

内容は1円〜100円硬貨と日本万国博覧会(EXPO'70)記念100円白銅貨がセットになっています。販売点数が26,000点と少ないため、こちらもプレミアムの価値がついています。

日本万国博覧会(大阪万博)記念100円硬貨の買取相場

下記は私が調べた日本万国博覧会(大阪万博)記念100円硬貨の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場です。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
硬貨単体 〜500円 〜150円
記念貨貨幣セット 〜15,000円 〜10,000円
ミントセット 〜3,500円 〜1,800円

硬貨単体の場合、現存数が多いため、完全未使用など状態が良かったとしてもプレミアムの価値は殆どありません。

一方、海外向けに販売された「記念貨貨幣セット」や「ミントセット」は現存数が少ないため、価値が高いです。

特に青色のケースに入った記念貨貨幣セットの場合、市場に流通することが稀なため、売却時期が良ければ1万円弱での買取(査定)も期待できます。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。

古銭・旧札の無料査定

家に眠っている価値のわからない古銭や旧札、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭買取の福ちゃんがおすすめです。古銭や古紙幣を専門とする鑑定スタッフが多く在籍し、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、幅広い買取査定方法に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」などは全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!

-昭和の硬貨(その他素材)

Copyright© 古銭の指針 , 2020 All Rights Reserved.