昭和の貨幣 昭和の硬貨(その他素材)

高価買取が期待できる特年やエラー5円玉(楷書体五円黄銅貨)

昭和27年の5円玉

https://kosen-navi.info

「昭和27年と昭和28年の綺麗な5円玉があるんだけど価値はどれくらいかなぁ?」と言った疑問にお答えするため、今回は楷書体5円玉(五円黄銅貨幣)の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

なお、関連記事につきましては別サイトとなりますが「100万円の価値がある昭和の5円玉」「買取価格が高いエラー5円黄銅貨」をご覧ください。

5円黄銅貨(楷書体とゴシック体)の詳細

5円玉(楷書体) ゴシック体

画像は楷書体とゴシック体の5円玉(五円黄銅貨)です。昭和24年から昭和33年までが楷書体で発行されており、1万円を超えるような特年(価値の高い年号銘)はゴシック体には存在せず、楷書体のみとなっています。

表面には「稲穂、歯車、水」裏面には「双葉」がデザインされており、詳細は下記のようになっております。

楷書体とゴシック体

年号 書体
昭和24年〜昭和33年 楷書体
昭和34年〜現在まで ゴシック体

5円玉の詳細

項目 詳細
直径 22mm
品位 銅600〜700/亜鉛400〜300
量目 3.75g

年号別の発行枚数

年号銘 発行枚数
昭和24年 111,896,000枚
昭和25年 181,824,000枚
昭和26年 197,980,000枚
昭和27年 55,000,000枚
昭和28年 45,000,000枚
昭和32年 10,000,000枚
昭和33年 50,000,000枚

日本のカタログ価格

年号銘 完全未使用
昭和24年 4,500円
昭和25年 4,000円
昭和26年 4,000円
昭和27年 40,000円
昭和28年 5,000円
昭和32年 15,000円
昭和33年 3,500円
年号銘 未使用
昭和24年 2,000円
昭和25年 1,500円
昭和26年 1,500円
昭和27年 20,000円
昭和28年 2,000円
昭和32年 8,000円
昭和33年 1,000円
年号銘 美品
昭和24年 50円
昭和25年 50円
昭和26年 50円
昭和27年 150円
昭和28年 150円
昭和32年 500円
昭和33年 100円
年号銘 並品
昭和24年 30円
昭和25年 30円
昭和26年 30円
昭和27年 50円
昭和28年 50円
昭和32年 250円
昭和33年 50円

フデ五(筆五)とは

昭和34年以降の五円硬貨の書体はゴシック体であるのに対し昭和24年から昭和33年までの五円硬貨の書体は楷書体となっています。楷書体は筆跡が筆で書いたように見えることから、コレクターの間ではこの書体で作成された5円玉をフデ五(筆五)と呼ぶ事が多いです。

エラー楷書体5円黄銅貨(フデ五)の買取相場

下記は私が調べたエラー5円玉(楷書体五円黄銅貨)の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場です。全般的に価値が高くなっており、特年以外だとしても高額査定が期待できます。

昭和25年の穴ズレ

穴ズレエラー5円玉

画像は昭和二十五年銘の穴ズレエラー楷書体5円黄銅貨です。硬貨の状態は美品〜極美品程度ですが、「穴のズレ幅」が大きいため価値は高く、2017年に実勢価格129,000円で取引されています。そのため「60,000円〜10,3000円程度」での買取(査定)は十分期待できるでしょう!

昭和26年の穴ズレ

昭和26年銘の穴ズレエラー

画像は昭和二十六年銘の穴ずれエラー楷書体5円黄銅貨です。こちらは先程の二十五年銘と同様に状態は美品〜極美品程度ですが「穴のズレ幅」が若干小さくなっています。そのため、価値は相対的に低くなっており実勢価格は58,000円、業者による買取価格は「3,0000円〜44,000円程度」が相場となっております。

昭和24年の穴ズレ

昭和26年フデ五(エラー)

画像は昭和二十四年銘の穴ずれエラー楷書体5円黄銅貨です。状態は美品程度で穴のずれ幅は最も小さくなっています。

カタログ上は昭和24〜26年銘の中で価値が最も高いのですが、実勢価格は今回取り上げた穴ズレエラーの中では最も低く32,000円となっております。業者による買取価格(査定価格)は「15,000円〜23,000円程度」が相場となっております。

特年の5円玉(フデ五)の買取相場

下記は楷書体5円黄銅貨(特年)の実勢価格と買取相場です。保管状態の良い特年(昭和27年と昭和32年)は価値が高くなっており、エラーコインと同様に買取価格も高くなっています。

昭和27年の5円玉

昭和27年の5円玉

画像は5円玉の中で最も価値が高いとされている昭和二十七年銘の楷書体5円黄銅貨です。状態はPCGS鑑定済みMS67(完全未使用+)となっており、これ以上の状態は無い最高鑑定品となっています。2017年に実勢価格51,300円で取引されているため同様のものならば「30,000円〜41,000円程度」での買取(査定)は十分期待できるでしょう。

昭和32年の5円玉

昭和32年5黄銅貨

画像は5円玉の中で2番目に価値が高いとされる昭和三十二年銘の楷書体5円黄銅貨です。状態はPCGS鑑定済みMS65(完全未使用)となっており状態はいいです。こちらも2017年に18,500円で取引されているため、同様のものならば「8500円〜13,000円程度」での買取(査定)は期待できるでしょう。

特年やエラー5円玉まとめ

いかがだったでしょうか?楷書体五円黄銅貨(フデ五)の詳細は上記のようになっております。

美品以下の硬貨については特年だとしても額面程度での買取にしかなりませんが、保管状態の良いものやエラーコインを中心に高額査定が期待できます。今回の記事が珍しい硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。

古銭・旧札の無料査定

家に眠っている価値のわからない古銭や旧札、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭買取の福ちゃんがおすすめです。古銭や古紙幣を専門とする鑑定スタッフが多く在籍し、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、幅広い買取査定方法に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」などは全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!

-昭和の貨幣, 昭和の硬貨(その他素材)

Copyright© 古銭の指針 , 2021 All Rights Reserved.