平成・令和の硬貨(その他素材)

内閣制度創始100年記念500円白銅貨の買取価格・査定相場

内閣制度創始100周年記念500円白銅貨

https://kosen-navi.info

「内閣制度百年とかかれた昭和六十年の500円硬貨があるんだけど価値はどれくらいかなぁ?」と言った疑問にお答えするため今回は内閣制度創始百年記念500円白銅貨の買取価格や査定相場について記載していきたいと思います。

この古銭はつくば国際科学技術博覧会記念500円白銅貨と同様に昭和60年に発行されました。貨幣セット(ミントセット)や純銀メダルも発行されており、純銀メダルは地金相場次第では数千円での買取も期待できます。

内閣制度創始100年記念500円白銅貨の詳細

内閣制度創始100周年記念500円白銅貨

画像は昭和60年(1985年)12月18日に発行された内閣制度創始100年記念五百円硬貨です。表面には「内閣総理大臣官邸」裏面には「内閣の印」の図柄が描かれており詳細は下記の通りです。

500円白銅貨の詳細

項目 詳細
直径 30mm
品位 銅750/ニッケル250
量目(重さ) 13g
発行枚数 70,000,000枚(7千万枚)
その他 ミントセット・純銀メダル有り

日本のカタログ価格

状態 カタログ価格
完全未使用 1,500円
未使用 1,000円
美品 --
並品 --

ミントセットと純銀メダルの詳細

純銀メダル

純銀メダル

画像は昭和60年に造幣局から発行された内閣制度創始100周年記念純銀メダルです。

量目は約60g、直径約45mmとなっており、銀の地金相場次第では4000円前後での買取(査定)となることも有ります。

 

昭和60年貨幣セット

貨幣セット

画像は昭和60年の貨幣セット(ミントセット)です。

内閣制度創始100周年記念500円貨幣が組み込まれたセットとなっており、構成貨幣の合計額面は「500円×2・100円×1・50円×1・10円×1・5円×1・1円×1=1,166円」です。

販売数が746,000セットと多いためプレミアムの価値は乏しいですが、通常、業者による査定価格は額面以上となっています。

 

内閣制度百年記念五百円硬貨の買取価格・査定相場

下記は私が調べた内閣制度創始100年記念500円白銅貨や純銀メダル、貨幣セット(ミントセット)の実勢価格(業者が販売し中古品市場で実際に取引された価格)と買取相場です。

古銭詳細 実勢価格 買取相場
硬貨のみ 〜800円 〜550円
貨幣セット 〜2,000円 〜1,500円
純銀メダル 〜5,000円 〜4000円

硬貨単体やミントセットは現存数が多いため、プレミアムの価値は乏しく業者による買取価格(査定価格)は額面程度が相場です。

純銀メダルについては貴金属(銀)で作られているため、地金としての価値があり、銀価格次第では4000円を超えるような買取となることもあります。

買取相場の根拠

実勢価格(業者が販売し実際に取引された値段)や買取価格は「国内オークション」「海外オークション」「オークファン」「知人の実店舗業者」「知人のネット販売業者」などの売買データを採用しております。

内閣制度100年記念硬貨やメダルまとめ

いかがだったでしょうか?内閣制度創始100年記念500円白銅貨や純銀メダル・ミントセットなどの詳細は上記のようになっております。

同時期に発行されたつくば国際科学技術博覧会記念500円白銅貨と同様に骨董(アンティークコイン)やプレミアムコインとしての価値は乏しくなっていますが、少なくとも額面を超える価格での買取は期待できるでしょう。今回の記事が記念硬貨の売却や換金の参考になりましたら幸いです。

古銭・旧札の無料査定

家に眠っている価値のわからない古銭や旧札、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭買取の福ちゃんがおすすめです。古銭や古紙幣を専門とする鑑定スタッフが多く在籍し、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、幅広い買取査定方法に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」などは全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!

-平成・令和の硬貨(その他素材)

Copyright© 古銭の指針 , 2020 All Rights Reserved.