昭和の貨幣 昭和の紙幣

聖徳太子1万円古紙幣の買取価格・査定相場

聖徳太子1万円紙幣(表面)

「聖徳太子が描かれている1万円札があるんだけど価値はどれくらいかなぁ?」と言った疑問にお答えするため、今回は昭和33年(1958年)に発行された日本銀行券C号10000円(聖徳太子1万円紙幣)の買取価格や査定相場について記載していきたいと思います。

この古紙幣では珍番号(ゾロ目、階段、キリ番など)の価値が高くなっており、高価買取が期待できます

聖徳太子1万円古紙幣の詳細

聖徳太子1万円紙幣(表面) 聖徳太子1万円紙幣(裏面)

画像は昭和33年12月1日に発行された聖徳太子1万円古紙幣です。昭和33年11月20日の大蔵省告示第237号「十二月一日から発行する日本銀行券壱万円の様式を定める件」に様式が定められており詳細は下記のようになっております。

聖徳太子1万円紙幣の詳細

項目 詳細
大きさ 84mm×174mm
表面 聖徳太子
裏面 鳳凰
印章 総裁之印(表) 発券局長(裏)
銘板 大蔵省印刷局製造
製造 9,323,050,000枚

日本のカタログ価格

記番号 未使用
アルファベット1桁 40,000円
アルファベット2桁 15,000円
記番号 極美品
アルファベット1桁 20,000円
アルファベット2桁 額面程度
記番号 美品
アルファベット1桁 13,000円
アルファベット2桁 額面程度
記番号 並品
アルファベット1桁 額面程度
アルファベット2桁 額面程度

聖徳太子10000円札の記番号

記番号

聖徳太子10000円札の記番号は画像のようになっております([記号:英字1 - 2文字]+[通し番号:数字6桁]+[記号:英字1文字])。先頭のアルファベットは1桁(前期)と2桁(後期)の2パターンがあり1桁の方が価値が高いです。なお、発行開始当時は大卒の初任給が1.3万円程度だったため、今の価値に換算すると20万円くらいの実質価値がありました。

高価買取が期待できる聖徳太子1万円札

下記は私が調べた日本銀行券C号10000円札(聖徳太子1万円紙幣)の実勢価格(業者が販売し実際に市場で取引された値段)と買取相場(査定相場)です。

古紙幣の買取相場

古紙幣詳細 実勢価格 買取相場
E777777W ゾロ目 未使用 251,000円 〜200,000円
GJ123456J 階段 未使用 199,000円 〜158,000円
BL000001T キリ番 未使用 164,000円 〜128,000円
アルファベット1桁 未使用 32,000円 〜22,000円
アルファベット2桁 準未使用 12,000円 〜10,500円

高額査定紙幣の画像

E777777W ゾロ目
ゾロ目
GJ123456J 階段
GJ123456J 階段
BL000001T キリ番
BL000001T キリ番

珍番号(ゾロ目、階段、キリ番など)の中でもアルファベット1桁のものは人気が高く、未使用以上の状態ならば10万円を超える高額査定が期待できます。

また、アルファベット1桁(C809147Pなど)で状態の良い物も人気が高く、未使用以上の状態ならば額面の2倍以上での買取となる事もあります。

一方、珍番号以外のアルファベット2桁(XU787710Gなど)の価値は乏しく、準未使用など、状態がそれなりに良いものだとしても業者による買取価格は額面程度が相場です。

聖徳太子1万円紙幣まとめ

いかがだったでしょうか?日本銀行券C号10000円札(聖徳太子1万円紙幣)の詳細は上記のようになっております。戦後の比較的新しい紙幣ですが、日本で初めて発行された1万円ということもあり、人気が高くなっています。

特に初期の頃に発行されたアルファベット1桁の珍番号(ゾロ目、階段、キリ番など)は人気が高く、高価買取が期待できます。今回の記事が古紙幣の売却や換金の参考になりましたら幸いです。

古銭・旧札の無料査定

家に眠っている価値のわからない古銭や旧札、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭買取の福ちゃんがおすすめです。古銭や古紙幣を専門とする鑑定スタッフが多く在籍し、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、幅広い買取査定方法に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」などは全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!

-昭和の貨幣, 昭和の紙幣

Copyright© 古銭の指針 , 2022 All Rights Reserved.